タグ:映画 ( 7 ) タグの人気記事

映画鑑賞

STAND BY ME ドラえもん

b0134285_2302721.jpg


感想は、人それぞれなので
あえてノーコメントします(笑)





人気ブログランキングへ
こちらをポチッとよろしく~♪
[PR]
by ae_aole | 2014-08-13 22:57

coooool guy!

別にブラピファンではないけれど
ブラピの作品で好きなのは、1995年から2000年の頃

「セブン」
「セブン・イヤーズ・イン・チベット」
「ファイト・クラブ」
「スナッチ」
「スパイ・ゲーム」

それ以外はとくに・・・



けど、今回の最新作は、久しぶりに観たいと思った!
b0134285_14123429.jpg



観に行こうっと!!





人気ブログランキングへ
こちらをポチッとよろしくです♪
[PR]
by ae_aole | 2013-04-13 14:19

梅雨入り

関東も梅雨入りとなりました
これから一ヶ月近くは、雨と仲良くというところでしょうか

b0134285_22352928.jpg







人気ブログランキングへ
こちらをポチッとよろしく~♪
[PR]
by ae_aole | 2012-06-11 22:36

DVD鑑賞

昨夜はなかなか寝付けず、3本立てでDVD鑑賞
DVDを納めている棚からピックして鑑賞した3作品




ブラックスワン
b0134285_2236945.jpg



主演ナタリー・ポートマンの演技は圧巻

完全なるスワンを演じる主人公
でも、幻覚や妄想に翻弄される、完璧でもあり悲しいストーリー
そして、スリラー映画にも感じられるシーンも多々




英国王のスピーチ
b0134285_22413524.jpg



主演コリン・ファース

イギリス王ジョージ6世の史実を基にしているといわれる
メインとなる登場人物のジョージ6世とローグの
階級関係なく築き合ってきた信頼関係に、静かで深いぬくもりを感じられる




ナルニア国物語 第2章 ~カスピアン王子の角笛~
b0134285_22481341.jpg



こちら、ご存知の方も多く、シリーズもの

C・S・ルイス作、児童文学シリーズ『ナルニア国ものがたり』の実写版
子どもの頃、『ナルニア国ものがたり』を読んだ記憶があり
大人になってからは、懐かしさで見てしまう人も多いのでは?

前作からの子供たちが成長しているなかで
私はやっぱり、アスランが好きだな♪










人気ブログランキングへ
こちらをポチッとよろしく~♪
[PR]
by ae_aole | 2012-04-30 23:02

ホテルビーナス

b0134285_032428.jpg

僕は生きてる
終着点でも
出発点でもある
この街で

少しずつ違う毎日を生きてる

生きてれば
色んな事がある?

ちょっと違う

色んなコトがあるから
僕らは生きてるんだ

そうだろ? ビーナス



引用:映画『ホテルビーナス』より




人気ブログランキングへ← ポチッとよろしく~!
[PR]
by ae_aole | 2010-05-13 23:56

海ってなに?

映画「オーシャンズ
ひとりのある少年のふとした、タイトルに書いた一言からはじまる映画

この映画は、製作費70億円とも言われていますが

それよりもすごいのが
構想10年、撮影期間4年、世界50ヵ所、撮影70回、そして100種の生命たちが登場


b0134285_23192953.jpg


b0134285_233188.jpg


b0134285_23311775.jpg


b0134285_23312417.jpg


b0134285_23313067.jpg


神秘の世界の海のすばらしさも映画館の大きなスクリーンで感動!
また、動物の愛くるしい表情や親子愛も、微笑ましかったです

とはいえ
こういった単なる海の世界の美しさだけを映像にしているのではなく

人間が、いかにこの海の世界を好き勝手に支配しているかを
地球温暖化がどれほど加速しているかを

考えさせられるシーンもありました


映画を見終わってからしばらくの間
表現のしようのない、壮大な静かな美しい海の風景が広がりました

そして、ますます、海が大好きになってしまいました

こういったすばらしい映画は、ひとりでも多くの人に観てもらいたいものですね



人気ブログランキングへ← ポチッとよろしく~!
[PR]
by ae_aole | 2010-02-22 00:08

映画「カラヴァッジョ」

b0134285_23204527.jpg
今日、お仕事で
映画の試写会にお呼ばれされました

16世紀イタリアを代表する
バロッグ絵画最大の巨匠カラヴァッジョの
没後400周年記念映画

カラヴァッジョ

感想は

ズシッと重圧がかかった作品

このひと言でした

映画の中では、カラヴァッジョの徹底した
写実描写や明暗対比、感情表現が
細やかに描かれていました

カラヴァッジョ氏のことを初めて知ったけど
彼は情熱的の域を超えてて、感情の起伏が人一倍、激しい人物

ある意味、情熱という言葉にもなるのかも…

自身の信念を貫き通した証しなのかもしれないな

けど、反面で、その情熱が度を越えてしまうことにもなってしまう人物

なのに、なのに、、、
彼の才能、彼の作品、彼の魅力に惹かれる人が多く、彼は恵まれていました
(この時代で言う、スポンサーに恵まれていましたね…)

また、残虐なシーンもあって、目を逸らしてしまうこともあったけど
この時代を象徴していることでもあるのは確か

そしてラストは
悲しいというか虚しいカラヴァッジョでした

でも、彼は

生涯絵を描き続けたかったという、ただそれだけだったのだと思いました


ホント、重圧を感じる作品です
[PR]
by ae_aole | 2009-11-25 23:43

何気ない出来事を綴っています。コメント&リンク大歓迎!


by ae_aole
プロフィールを見る
画像一覧